ページトップへ

【庵(いおり)】 | 今日のランチ | 京都 ランチ|京都のランチ

TODAY'S LUNCH 今日のランチ

「京都のランチ」 今日は戸上事務所のすぐ近くで働く友人から「ここは美味しいよ!ランチがホントお値打ち!!」と太鼓判を押された和食店、「庵」へ、I.Cさんとともに行ってきました。店内へ足を踏み入れるとお寿司やさんのようなカウンター。目の前のかつおだし入りの大きなお鍋からおだしのそれはそれはいいー香り!そして湯気がもくもくー!舌の肥えた友人からの前評判もあり、期待は大きく高まります。日替わりのランチ(1000円)を注文して、出てきた一品目は蛸。梅肉が添えられているのですがこれが、もう、たまらない美味しさでした。蛸の吸盤のぷちっとした歯ごたえが口の中に繊細に伝わって、やわらかくって、梅はどこまでもさっぱり、しかもよく冷えてる…!夏の始まりにふさわしい、感動のお味でした。事務所に戻ってからも何度もこの味を思い出しては幸せを噛み締めてしまいました。続いて牛肉とゴボウの炊き物、里芋とお魚の煮物、お味噌汁、ごはん、お漬物…幸せメニューがどんどん運ばれてきます。美味しいものを少しずつ、熱いものはより熱く、冷たいものはより冷たく、気を配ってテンポよく目の前の大鍋からご主人がよそって「はい!」と渡して下さる手際の良さも素敵でした。戸上でホームページを制作させていただいた、新しいスタイルの旅館「夢乃井庵ゆうやけこやけ」様でもそれと共通すること(熱いものは熱く、冷たいものは冷たく、美味しいもの少しずつ…しかも地の食材で!)を大きなPRポイントの一つとして掲げていらっしゃいましたが、確かにそれは料理を美味しくいただくためにとっても大切なことだなと実感しました。席数が少ないこともありお店は満員。舌の肥えた雰囲気の方々の姿が目立ちます。締めくくりには珈琲がついてきます。デミタスカップ、かわいいな…と思ってよくみるとウエッジウッド。おお~。他の器も素敵でしたもんね。ご主人に「どれも美味しかったです!」と声をかけると「(毎日忙しくっても)食べるものくらい贅沢してください。ランチは日替わりでお出ししています」となんだか頼もしい一言。「はい!また来ます」と答えたのはいうまでもありません。
(女性スタッフY)


今日のランチは、Yさんとでした。
Yさんに連れられ入ったのは、「庵」という日本料理屋風のお店でした。

お昼のランチ(1000円)
メニューは、牛肉と牛蒡の柳川風、蛸のお造り、根菜の煮物、蛤の味噌汁、さざえの焼物、ご飯、漬物でした。
どれも美味しかったです。辛くもなく薄くもない絶妙の味付けです。

Yさんが「美味しいですね」と店主に話し掛けると、「食べるものには贅沢をしてくださいね」と返ってきました。
これには私も同感でした。食事は日常的なことなのでそれに気をつかうことは、大雑把な言い方ですが、心を豊かにするような気がします。なぜなら、同じ「美味しい」という表現でも本当に同じではないはずですし、もっと多様で複雑で微細なはずですよね。それに気を配る(お金をつかう)ことは大切なことと再確認しました。(ただそれを表現するのは非常に難しいですが。)

この言葉だけでも「庵」がすごく印象に残りました。今日はカウンターですが、二階席もあるのでぜひまた行ってみたいです。(女性スタッフIC)

「京都のランチ」
庵(いおり)
京都市下京区高倉通仏光寺上ル東側
電話075-361-2012
定休日 毎週日曜日・祝(予約可)
 

※上記の内容は記事作成時のものとなります。
 最新の店舗情報につきましては、直接お店にご確認くださいますようお願いいたします。

戸上通信システム株式会社(上田)

記事一覧 | 2009年06月

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全6ページ中)