ページトップへ

特別編【丸富】長野県駒ヶ根市の蕎麦屋さん | 今日のランチ | 京都 ランチ|京都のランチ

TODAY'S LUNCH 今日のランチ

  • 特別編【丸富】長野県駒ヶ根市の蕎麦屋さん

  • 2005/07/29(金) 番外編
「京都のランチ」 本日は暑ぅい京都を離れ、長野県駒ヶ根市の蕎麦屋さん「丸富」から番外編レポートです!このお店をご紹介くださったのは「工房信州の家」「フォレストコーポレーション」の小澤社長。戸上にホームページ制作をお任せくださっている大切なお客様の一人です。打ち合わせに伺った際に丸富へ連れて行ってくださいました。

緑に包まれたそのお店は、看板や家具、ちょっとしたしつらいまでとても愛らしく、嬉しい気持ちがふくらみます。注文したのはお蕎麦、蜂の子、数々の地野菜たち…。お蕎麦は細挽きをいただいたのですが、これがまた今まで私がいただいた中でいちばんの細さ。繊細さ。その分つるるっと喉越しがよく、そして丁寧に作られた優しいお味…。なんでもそばは地下50mから湧き上がる天然水で洗っていらっしゃるのだとか。おだしも最高に美味しかったです。小澤社長に「どうぞどうぞ」と笑顔で勧めていただき、おそるおそる手をつけた蜂の子は米粒ほどの大きさですがその中にぎゅぎゅっと甘みがつまって、これまた美味。初めていただきましたが驚きの美味しさです。ふと外に目をやると立派なニワトリがお庭をふつうに歩いています。放し飼い?なんと贅沢な!とれた卵をお料理に使うのかな!?お庭を見て、地のものたっぷりの豊かな食に囲まれて、楽しい会話はふくらみます。

器もまたまた素晴らしく、シンプルでありながらも味わい深いものばかり。
今調べてみると、古い町並みが残る松本・仲町通りにある「陶片木」というお店のものを主に使っていらっしゃるのだとか…。実はちょっとだけ長野マニアな私。その陶片木にもいったことがあり、いいお店やわ…とじーんと来てお買い物をしたことがあるのを思い出しました。なるほどなるほど名店はこうしてつながっていくのですね。小澤社長の名ナビゲートに助けられ、今日も嬉しい発見ができました。社長、ありがとうございます。

長野というととても遠い印象がありますが、「南信」にあたるこの地域へは、京都から車で片道3時間半~4時間程度。風も爽やかな信州へ、小さな旅へ出掛けられてはいかがですか?
(女性スタッフY)


「京都のランチ」
蕎麦とお酒 野のもの料理「丸富」
長野県駒ヶ根市赤穂23-180
電話0265-83-3809
http://www.dynax.co.jp/sinsen/soba/so_marutomi.html

※上記の内容は記事作成時のものとなります。
 最新の店舗情報につきましては、直接お店にご確認くださいますようお願いいたします。

戸上通信システム株式会社(上田)

記事一覧 | 2005年7月