ページトップへ

【三丘園】 | 今日のランチ | 京都 ランチ|京都のランチ

TODAY'S LUNCH 今日のランチ

 
「京都のランチ」 今日は「三丘園」という和風カフェに行って来ました。

一見ランチなんてしてそうもない小さな日本家屋です。(明治20(1887)年前後に建てられた個人の住宅だそうです。)
営業時間のほとんどが<喫茶>なのですが、お昼に茶そばセットを置いていると聞きつけ、好奇心をもってKさんとやって来ました。

店内に入るやいなや、半ば強引に「ランチメニューありますか?」とたずねてみました。
すると、従業員さんから「茶そばなら出来ます」と返ってきました。
座敷へあがる前にKさんと私は、選択の余地なくランチメニュー「茶そばセット」(?)を注文しました。

建物は写真のとおり純和風の昔ながらの日本家屋です。離れ(のような所)に続いており、せっかくなので一番奥へ向かいました。
両隣の窓は全開だったので、風の通りがよく、ランチを食べるには贅沢すぎる環境でした。

おそばを待っている間、謎のランチメニューを確認しようと、店内を物色してみました。けれども、不思議なことにメニューのどこにも記載されていませんでした。

話をしているうちに、「茶そば」がやってきました。それは、あったかいにしんそば、小さいおにぎり、抹茶のわらび餅のセットでした。

あとで調べたのですが、ここは「茶そば」(正式には利休そば)以外にも、おぜんざいセットやほっこりセットというものがあるそうです。(行く前にはお店の人にたずねてみて下さい。)
初めて京都に来た友達なんかを連れて行ってあげると、きっと喜んでくれると思います。ランチの時間はすいていたので、むしろこの時間に行ってみるのもいいかも知れません。
(by女性スタッフI)



Iさんの案内でやってきた三丘園(京綾小路店)はお茶屋さんの出しているカフェ。
建物の外観は昔ながらの町家そのもので、カフェというよりはむしろ老舗の茶店といった趣です。
この界隈では町家を改造したお店はたくさんありますが、内装はきれいに改装してあることが多く、外観とのギャップを感じることもあります。
しかし、三丘園は町家の雰囲気そのままの座敷で、いい意味での“人ん家”感が全開です。座敷に上がる際、素で「おじゃまします」と言いそうになりました。

離れに座って茶そばを待っていると、煎茶を出していただきました。お茶屋のお茶です。おいしいです。しかも急須でお代わり自由です。上品なだしの茶そばも美味しかったのです。

場所柄、あまり混まないのでしょうか…店内お客さんはぼくたち二人だけでした。
いただいた茶そばもメニューにはなかったのでランチよりはカフェメニューがメインのようです。

昔ながらの町家でおいしいお茶を飲みながら坪庭や蔵を眺め、ゆったりできます。ほっとするような和を満喫できるおすすめのお店です。
(by男性スタッフK)

「京都のランチ」
三丘園
京都府京都市下京区綾小路通新町西入る矢田町123
電話:075-351-3361
営業時間:11:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:無休(お盆・年末年始は休業)

※上記の内容は記事作成時のものとなります。
 最新の店舗情報につきましては、直接お店にご確認くださいますようお願いいたします。

戸上通信システム株式会社(上田)

記事一覧 | 2009年6月

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全6ページ中)