ページトップへ

【中国料理 菜根譚(はこね)】柳馬場通蛸薬師 | 今日のランチ | 京都 ランチ|京都のランチ

TODAY'S LUNCH 今日のランチ

 
「京都のランチ」
本日は「とがみちゃんねる」や「京のランチ番外編」でおなじみのMさんとランチへ行きました。向かった先は、戸上がサイトを手がける「綿善旅館」さんの真横にある「菜根譚(さいこんたん)」という北京料理屋さん。Mさんいわく、いつも前を通りながら気になっていたそう。その風閣漂う店構えに…着いて納得!気になるはずです。他のお店とは違う雰囲気をかもし出していました。このお店、以前に紹介した「膳處漢ぽっちり」の姉妹店だと知り、さらに納得です!こちらも高級北京料理のお店で、その素晴らしさに感動したのを覚えています。店内は、町屋を改造した…というより、町屋そのもの。車や人通りの激しい外がうそのようです。これぞ本物の静けさ!注文した日替わり定食1200円は、メインのチキンと根菜炒めに、ゴーヤや大根やしいたけ等の野菜をふんだんに使ったメニュー。そして中華スープに大豆ご飯。さらに一品一品、丁寧な説明付きです。←これには感動。大豆ご飯はシンプルで、でも飽きない味。これだけでもいっぱい食べれそうです。酢豚風なチキンと根菜炒めは、コクがあって美味。ゴーヤは、ほのかな苦味がたまりません。どれも手の込んだお料理ばかりでした。さすがです。膳處漢は北京色がとても強い印象でしたが、こちらは店の雰囲気のせいか、和の印象が強いお店でした。とにかく、素晴らしいお店にまた出会えました!Mさんありがとうございます!!
(女性スタッフJ.I)

「京都のランチ」(とがみちゃんねる特別編集)
いつものランチは車内でカップヌードルのMです。【サラダの店サンチョ】、【南港出張ランチ】と3回目の登場です。宜しくお願いします。さて本日は、上司に「おしゃれな店にいってきて。」とプレッシャーをかけられてスタートした京のランチです。パートナーは戸上のダイヤモンドJ.Iさんです。お店は僕がいつも気になっていた店に行く事にしました。そこは、当社でホームページを作成していただいている綿善旅館さんのとなりになる【菜根譚】さんです。いつも綿善旅館さんに集金に行っている時に、自然に鼻に入っていく、あのおいしそうな匂いが忘れられなかったのです。「絶対、京のランチが決まったら行こう。」と決めていました。お店は京町屋長屋をそのまま生かした店舗で、道中が路地になっていて今にも舞妓さんがでてきそうな雰囲気でした。年配の女性店員さんが対応してくれたのですが、その丁寧な対応に終始驚かされました。食事にきたというよりも旅館にきたという表現の方が正しいように感じました。その店員さんの案内で2階の座敷へと通されました。季節がらもありますが、ここち良い風が吹き抜ける6畳位のこじんまりした部屋に案内されました。京都の中心部にいるとは思えない静けさがそこにはありました。日替わり定食(1,200円)注文しました。暫くすると、料理が運ばれてきました。その時、店員さんが今日の料理を、一品一品丁寧に説明してくれました。それに私は痛く感動し、精神的な空腹感を満たしてくれました。さて何品か料理がありましたが、私の今日のお気に入りは「ゴーヤの味噌ゴマあえ」です。これだけで、ご飯3杯はいけます!!もちろんお酒のつまみに最高であることは間違いなさそうでした。また他のおかずも、何故か懐かしく、ほのかに新しいものが多かったです。食事が終わり出ようとすると、厨房の人が一人一人丁寧な声で「ありがとうございました。」と一言。食事だけでもお腹いっぱいだったのに、さらにさらに心もいっぱいにしてくれました。京都で【大人のランチ】を楽しみたい方は是非【菜根譚】におこしください。接客の感動を味わえると思います。
(男性スタッフM)

「京都のランチ」

和漢同菜 菜根譚
京都市中京区柳馬場通蛸薬師上ル井筒屋町417
TEL:075-254-1472
11:30~15:00(LO/14:00)
17:00~23:00(LO/22:00)
無休 P無

※上記の内容は記事作成時のものとなります。
 最新の店舗情報につきましては、直接お店にご確認くださいますようお願いいたします。

戸上通信システム株式会社(上田)

記事一覧 | 2009年9月

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全6ページ中)